2007年07月11日

DRエルドゥシア

私の肌はテカテカの油肌と思っていました。

ところが、ある朝見るも無残な乾燥肌になっていました。

「最近、調子が悪いなあ」と思って鏡を見て愕然としました

調子が悪いのではなく、これは「乾燥肌」だと気付いたのです。

それからは、1日に何十回も鏡を見ることになり。

そしてその後は何ヶ月も自分の肌中心の生活が続いたのです。

ちょっとした食事にも調子が悪くなると言う事で「敏感肌」でもあるのかもしれないと思いました。

最初は何か仮面でも被っているような感じでいました。

この仮面を脱いでしまえば元のツルツルに戻れるという感覚でした。

でも、そんなに簡単な事ではなかったのです。

考えてみれば、私は幼い頃から肌が弱くてリップクリームにもよく負けていました。

10社以上のリップを試した事を覚えています。

中学生の時に皆がメジャーのメーカーのリップを使っている中で、私はあまり有名ではないメーカーのクリームを使っていました。

その時には全然平気だったのですが。

今また、肌の事で迷うというか悩むのは気が重いです。

こういう時にDRエルドゥシアを知ったのです。

肌を救うということは、どれほどの事かいまさら言うまでもないでしょう。

皆の感謝をこめて。


トライアル





リンクシェア レビュー アフィリエイト
posted by kinaishoku at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47430365

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。